いろんな条件をクリアしなければ会員にはなれない

「ゴルフ会員権」は魅力的だから憧れる人が多い

投稿者:

私は、「ゴルフ会員権」に少し興味があります。積極的に持ちたいとは考えていません。手に入れるには価格がピンキリで、けっこうな値段ですから慎重になりますよね。

ただ、ゴルファーなら多くの人が持ちたいと願い、それを目標に置きいつかはと内に秘めているそうです。

そのゴルフ会員権、昔は資産価値があったから高値で売り買いされていたらしく、今でもその傾向は少し残っています。ゴルフをするなら、皆がその魅力あるメリットのことを知っていて、ある意味ステータスがあり、所有したいのですが、簡単に手に入らないアイテムです。

お金を出せば簡単に手に入ると思う人が多いと思いますが、審査がちゃんとあります。いろいろな条件をクリアしなければ会員にはなれません。

ゴルフ会員権を持つメリットを知っておきたい

ゴルフ愛好家であれば、一度はゴルフ会員権の取得を考えた事が有るのではないでしょうか。

バブルの時期には投機目的もあって、高騰を続けていたゴルフ会員権ですが、最近では価格が大幅に下がり大変取得し易くなっています。

取得した場合のメリットに付いてですが、会員になれば、非会員の場合よりもプレー代が安くなる場合が一般的です。又、予約の際には、会員は優先して予約を受け付けて貰える様になります。

更に、ゴルフ場によってですが、会員専用のロッカーを用意しているゴルフ場も有ります。又、会員になれば、ゴルフ場でプレーする機会が増えますので、コースの攻め方も覚えて、スコアの向上も見込めます。

この様にいろいろなメリットが有ってスコア向上も見込める、ゴルフ会員権の取得をご検討されては如何でしょうか。

ゴルフ会員権には年会費がちゃんとある

ゴルフ会員権は、ただ権利を買うだけではないということをご存知だろうか。

購入するといろんなメリットが発生してお得にはなりますが、それプラス毎年の年会費が掛かります。しかもそれなりに高い。

それぞれのゴルフ場の独自設定で年会費に違いがありますが、だいたい数万円~数十万円くらいが相場だそうです。

でも、ゴルフ会員権が買えるくらいの経済力があるゴルファーなら、まったく問題はないと思いますが、予算ギリギリくらいで購入した貧ゴルファーは、「年会費があるのか、困ったな」なんてことにならないように勉強しておきましょう。

相続したゴルフ会員権の売却について

景気は回復傾向にあり、ゴルフ場も長い景気の低迷期に財務体質が弱いところは淘汰が進み、ゴルフ会員権相場は回復を見せているところも少なくありません。

当初、父親が購入した時は高価だった会員権が、父親が死亡したときの時価は低くなっていて、売却するときには相続時点より回復している場合があります。

相続や贈与は、資産課税といって財産の価値への課税です。売却益への所得課税とは別物のため、取得価額は当初のものを引き継ぐこととされています。また、父親からの名義書き換え費用も取得費に加えることができます。

平成26年4月以降は、赤字が出ても他の所得と通算はできませんが、当初の購入価額に名義書き換え費用を足したものが、売却額より大きい場合、利益が出ていないので税金はかかりません。