長く楽しむ趣味として、ゴルフはおすすめ

初心者よ、ゴルフ会員権購入の前にやることは沢山あります

投稿者:

最近、大人気のスポーツになったゴルフの話をしたいと思います。

まず先に言っておきますが、ゴルフ初心者の方はいくら経済的に余裕があっても、「ゴルフ会員権」は要らないと思います。しっかりとゴルフが楽しめるほどの実力になってからでも、決して遅くはありません。

とにかく、ゴルフは始めるのも止めるのも簡単にですから、焦らずに長く楽しむ趣味としてゴルフを続けていきましょう。

たまにですが、まったくゴルフが上手くならないと言って2、3回でゴルフを止めてしまう方がいますよね。出来ればですが、ゴルフは1年ほどの長い期間をみて、月に2回以上はゴルフラウンドすれば、少しずつ上手になり好きになっていきます。健康のための運動のつもりで頑張ってみましょう。

ゴルフはメンタル面が強くないといけません

ゴルフは、メンタル面が非常に大事なスポーツです。私はこのメンタル部分が欠けていて、いつもスコアが荒れ乱れています。

ティーショット一発目でOBが出ると、もう気持ちがガクッと落ち一気にやる気がなくなってしまいます。一緒に回る仲間にもメンタルが弱いといつも指摘されています。

このメンタル部分をどうにかしないと、私のゴルフスコアは良くならないのはわかっています。ですから、私のゴルフ練習には、「メンタルトレーニング」も必要かとも思います。でも、メンタル面を強化することって難しいですよね。本とか読んだりトレーナーなんかも付けなきゃならないし、考えるだけでお金の計算をしてしまう自分がいます。

誰からゴルフを教わるかも重要。先生選びは真剣に

ゴルフを大好きになるためには、初心者ならはじめに誰からゴルフの手ほどきをされるかだと思います。

その教えてくれる人選びが一番重要です。教え方がヘタな人から教われば、「ゴルフって全然おもしろくない」ってことになりかねないし、逆に教え方が上手な人から教われば、「ゴルフというスポーツはこんなにおもしろいんだ」ってことになります。初心者は、誰に教わるかはじめが肝心です。

だから、はじめに誰を先生に選ぶか慎重になりましょう。

今後、あなたのゴルフ人生を楽しいものにさせるのか左右します。初心者は自分のゴルフ熱も大事なモチベーションですが、教わる人を選ぶセンスも必要です。

ゴルフのマナーはいつでも再確認しましょう

ゴルフのマナーについて今回はご紹介します。ティーグランドやフェアウェイ、グリーン上とその場その場でしっかりとしたマナーがあります。

一番マナーとしてダメなのは、「遅延プレー」これは絶対にダメです。まずはこれを覚えてください。ティーグランドの場合なら、OBの確率が高いと思ったら必ず暫定球は打っておくことや、フェアウェイなら遅延プレーにつながる行為は禁物とか、グリーン上なら他人のジャマにならないようになど、本当にゴルフのマナーは細かく徹底されています。

マナーを教えてくれる人と一緒にゴルフを回りさえすれば、自然と身につくので初心者の方はその辺を考えてゴルフ仲間を集めましょう。